米津玄師

米津玄師「Pale Blue」は本人が描いたの?今までのアルバムも調査!

米津玄師さんの「Pale Blue」の配信が始まりました。

CDは6月16日発売です。

そのCDジャケット素敵ですね。

あのイラストを描いたのは、米津玄師さん本人らしいのですが、

 

米津玄師「Pale Blue」は本人が描いたの?

米津玄師さんは音楽もできて、絵も描けるって驚きです。

どこで勉強したのか、学歴を調べてしまいました。

米津玄師さんは、徳島商業高校を卒業後

大阪美術専門学校に入学しています。

噂では、あまり熱心に勉強しなかった上に中退しているということです。

それでもこんなにきれいな絵が描けるなんて、才能のある人は違いますね。

このイラストは、

恋に落ちた瞬間をとらえたもの。

それをジャケットにした米津玄師さんは、なんて感情豊かな人なのでしょうか。

きっと自身の体験ですよね。

「Pale Blue」の歌詞意味解釈は、こちら

CDは、「パズル盤」「リボン盤」「通常盤」3形態でリリースされます。

なんといってもおしゃれすぎたのは、フレグランス付き!

この香りどんな匂いなのか気になりませんか?

それについてはこちら

米津玄師の今までのアルバムも調査!

出典:BARKS

 

米津玄師さんの代表作といえば「Lemon」と思っているのは私だけではないはず!

このレモンも米津玄師さんの描いた作品でした。

 

曲でいうと「lemon」ですが、CDのジャケットでみていくと

 

STRAY SHEEP』(ストレイ・シープ)のジャケットが気になります。

メジャー4枚目、通算5枚目のアルバムです。

このイラストは、アルバムの世界観を現したとされています。

パプリカ、lemon、馬と鹿などなどいい曲がいっぱい入っています。

マスクの瞳が宝石のようにキラキラするところもいいですよね。

 

米津玄師さんって歌下手だと思いますか?

 

米津玄師「Pale Blue」は本人が描いたの?今までのアルバムも調査!まとめ

米津玄師さんは曲だけでなく、ジャケットのイラストも自身で手掛け、すべてが米津玄師さんの作品となって世界観を表現していました。

米津玄師さんの頭の中には、広くて不思議な世界が広がっているのですね。

今までの作品に比べて今回のPale Blueは、純真な感じがします。

米津玄師さんが描いた女性は、どんな人だったのか。

思いを巡らせながら、Pale Blueを聞いてみたいと思います。

「PaleBlue」の売上枚数が気になる!