米津玄師

米津玄師M八七歌詞意味解釈!シン・ウルトラマンのストーリーは?

米津玄師さんの「M八七」がシン・ウルトラマンのテーマソングになりました。

ウルトラマンの主題歌と言えば、♪行くぞーわれらのウルトラマン~とか♪ウルトラの父がいる~♪熱く 激しく ウルトラマンZ

のようにウルトラマン!と強調する歌のイメージありますが、まさかの米津玄師さんにそれはないかと。

(;´・ω・)

米津玄師さんの「M八七」はどんな意味を持つ歌なのでしょうか?

また、シン・ウルトラマンのあらすじは?

どんなストーリーなのか気になります。

米津玄師M八七歌詞意味解釈!

出典:オリコンニュース

M78とM87

ウルトラマンの出身はM78星雲なのですが、米津玄師さんの曲のタイトルはM87です。

元もとはM87だったのが、間違いでM78になったという説もあります。

M87が登場したのは、1957年の映画『空飛ぶ円盤恐怖の襲撃』

そして、『ウルトラマン』の前作『ウルトラQ』の未発表脚本に、中性子怪獣ミクラーの出身地として「M87星雲」が出てきます。

M78は光の国であり、ウルトラマンの故郷という設定。

話の中では、銀河系から300万光年のところにあります。

ところが、実際には1,600光年のところにあることがわかっています。

「M八七」とは何なのでしょうね?

Mって何?

フランスの天文学者「シャルル・メシエ」が探した「メシエ天体」であることを表しています。

メシエ天体には全部で110個の星雲・星団・銀河などが含まれていますが、そのうちのいくつかは間違っているものや現在確認できないものも。

メシエ天体の中で有名なものとしては、M1の「かに星雲」、M31の「アンドロメダ銀河」、M42の「オリオン大星雲」、M45の「プレアデス星団(すばる)」などがあります。

M87は実在するの?

M 87は、超大質量ブラックホール がある楕円銀河です。

おとめ座の方向にあります。

1781年3月18日にシャルル・メシエによって発見されました。

M78より遠い6,000万光年も遠い遠い先にあります。

ここまで調べてみると、米津玄師さんの楽曲「M八七」がどんな意味を持つのか余計に興味がわきますね。

「M八七」はブラックホールを歌っているのかも。

M八七の歌詞意味解釈!

映画を見る前と見た後で印象が変わる歌詞

出典:オリコンニュース

4月15日予告が公開され、映画の公開は5月13日でした。

素敵な曲ですね。

では、M八七はどんな意味を持つ歌なのでしょうか。

M八七の歌の中に流れる一番大切なメッセージ

君が望むなら それは強く応えてくれるのだ
今は全てに恐れるな
痛みを知る ただ一人であれ

神に近い何か大きな存在からのメッセージであると感じます。

主人公は決して強くない、弱いことを自覚している人間

それでも、大切な人を守りたい、強くなりたいと思っています。

大きな存在からのメッセージを感じ

優しさを持ち合わせた強さを持とうとしています。

「M八七」の最安値は?予約はこちら

シン・ウルトラマンのストーリーは?

出典:シン・ウルトラマン公式

シン・ウルトラマンの背中をよく見ていただきたいのですが、美しくないですか?

今までのウルトラマンと比べると筋肉美を感じます。

初めの頃のウルトラマンは上からスーツを着ている感じでブカブカしていました。

シン・ウルトラマンは、リアル感があります。

本当にこういう生物がいそうな感じ。

そして、胸にカラータイマーがありません。

ウルトラマンには3分程度の時間制限がありましたが、シン・ウルトラマンには制限がないのかも。

神永新二(斎藤工さん)や浅見弘子(長澤まさみさん)が所属する防衛庁の専従組織

「禍特対」の奮闘が描かれます。

「禍特対」の敵は、巨大不明生物。

神永新二がどうやってウルトラマンに変身するのかも見どころ!

変身アイテムは通販できる?

今後の情報解禁が楽しみですね。

 

米津玄師M八七歌詞意味解釈!シン・ウルトラマンのストーリーは?まとめ

米津玄師さんの「M八七」が映画の公開と同時に解禁されました。

MVを作ったのは林響太朗さん

作品がすごい!

宇宙を感じる壮大な存在からのメッセージを伝えています。

シン・ウルトラマンの映画を盛り上げる素敵な曲だと思います。

米津玄師さんと藤井風さん天才はどっち?など関連一覧はこちら