歌詞

Uruそれを愛と呼ぶならの歌詞意味解釈!編曲の小林武史は天才?

ドラマ「マイファミリー」予想以上に面白かったです。

第1話ラストでのUruさんの「それを愛と呼ぶなら」が流れて、余計にグッとくるものがありました。

そこで改めて、Uruさんの「それを愛と呼ぶなら」の曲についてみていきたいと思います。

まずは、歌詞意味。

そして、編曲をした小林武史さんについてもチェックしていきましょう!

Uruそれを愛と呼ぶならの歌詞意味解釈!

 

Uruさんの「それを愛と呼ぶなら」の歌詞意味は、マイファミリーのテーマソングなのでドラマの核心に沿った内容になっているはずです。

それにしても、二宮和也さんさすがですね。

ニノちゃんねるを欠かさず見ている私にとってギャップありすぎてドラマに入り込めないと思っていたのですが、全くそんな心配いりませんでした。

脚本の面白さと演技力のなせる技ですね。

さて、Uruさん自身は再生、再起の曲と言っている「それを愛と呼ぶなら」の内容を見ていきたいと思います。

一言でいうと「勝手なことをし続けてきたダンナの反省ソング

上手くいっていた時には気づけなかった自分の弱さ、弱点に気づいた男性

社会でボロボロになって、失敗してやっと大切なものに気づけました。

妻だけがわかってくれていた。

自分を支えてくれるのは、妻しかいないことに気づいた男性が改めて愛を誓っています。

ドラマの内容から男性目線で書きましたが、女性目線からでも通じる歌だと思います。

日常のあれこれに惑わされがちですが、もう一度自分の周りを見回してみるといいかもしれません。

ウザッと思っていた人が実は大切な人だったことに気付けるかもしれません。

Uruそれを愛と呼ぶならの編曲の小林武史は天才?

出典:NHK公式

小林武史って誰?という人がひょっとしているかもしれないので、簡単にご紹介します。

作詞、作曲はもちろんですが、何よりすごいのはプロデューサーとしての腕。

桑田佳祐・サザンオールスターズとMr.Childrenのプロデューサーでした。

小林武史さんは、2017年9月第26回モンブラン国際文化賞を受賞しています。

アート界のオスカーと言われる権威ある賞で、芸術を支援してきたと認められた人に贈られますが、有名無名は問いません。

オノ・ヨーコさん、坂本龍一さん、市川猿翁さんなど受賞しています。

授賞式でミスチルのメンバーに感謝を伝え、ap bankの活動のおかげだと語っています。

ap bankは、小林武史さんの呼びかけで設置されました。

サステナブルを指標にフェスなど様々な活動をしています。

音楽とサステナブルを絡ませていくところも天才なのでしょうが、もう少し具体的に音楽に絞って、見ていきたいと思います。

ネットの評判です↓

小林武史の曲にハズレ無し。 Uruの曲にハズレ無し。

2年前にもUruさんと小林武史さんは一緒に「あなたがいることで」を手掛けています。

「テセウスの船」のテーマソングだったわけですが、当時この曲が解禁された時は小林武史さんの編曲だという情報はあまり出回っていませんでした。

解禁されてから、なんだかミスチルっぽいなと感じる人が出てきて、小林武史さんだったんだと納得できた人が多かったようです。

「あなたがいることで」があまりにいい曲だったことから、今回の「それを愛と呼ぶなら」は小林武史さんだという情報が先行し、期待する声や「楽しみ~」というコメントがたくさんありました。

Uruさんの詞と音楽がいいことは当然なのですが、メロディが心にしみるのです。

小林武史さんの音楽はビートルズに近いという人もいますが、2018年のCINRAの記事に↓を見つけました。

数百年前のクラシックのシンフォニーにハマっています。オーケストラを含めた楽器のアンサンブルに、すごく興味を持っているんです。

世界で流行っている音楽に影響を受けず、クラシックをきくことで気持ちよく感じるのだとか。

小林武史さんの天才的なところの根っこにはこんな部分が影響しているのかもしれません。

Uruそれを愛と呼ぶならの歌詞意味解釈!編曲の小林武史は天才?まとめ

ドラマ「マイファミリー」の歌詞は、勝手なダンナの反省ソングなんて下世話な表現をしてしまいました。

第1話の中盤までは、まさに勝手なダンナだった二宮和也さんが、終盤、家族を守る素敵な男性に変身しました。

これには、Uruさんの「それを愛と呼ぶなら」が一役買っていましたね。

勝手なダンナに辟易していたあなた!

Uruさんの「それを愛と呼ぶなら」でキュンキュンしていきましょう!