歌詞

ウイカ「帰り花のオリオン」歌詞意味解釈!オリコン順位が気になる!

ウイカさんが「帰り花のオリオン」をリリースします。

羽田美智子さん主演の「#コールドゲーム」の主題歌です。

ウイカさんが歌を出すことで驚きましたが、それ以上に粗品さんが手掛けたことに驚きました。

粗品さんにそんな才能があること知らなかったです。

では、「帰り花のオリオン」かっこいいですね。

順位はどうなのかについて調べていきたいと思います。

ウイカ「帰り花のオリオン」歌詞意味解釈!

粗品の作品はどう?

粗品さんにとって「帰り花のオリオン」が初の作品ではなく、「ビームが撃てたらいいのに」というボカロの曲をてがけていました。

お笑い芸人の霜降り明星 粗品様が作曲された「ビーム撃てたらいいのに妙に耳に残って、つい何度も再生してしまいますわ。

粗品さんの作品、評判いいですね。

粗品さんは、2歳からピアノを習っていて、絶対音感の持ち主なのだとか。

学歴を調べてみると同志社大学文学部国文学科中退でした。

音楽科ではないにしても、勉強できたのですね。

粗品さんは、ドラマのストーリーはもちろん、ウイカさんの歌声、個性を十分生かしてロックに仕上げたそうです。

「帰り花のオリオン」はどんな歌?

「帰り花のオリオン」というタイトルからみていきたいと思います。

帰り花とは、「忘れ花」「返り花」「二度咲」「狂い咲」とも表現されることもあり、本来咲くべきである季節とはずれて花が咲くこと。

俳句では冬の季語になるそうです。ドラマの設定はマイナス45度の氷河期に突入した環境。

冬の季語ともなる「帰り花」と少し関連してきそうですね。

粗品さんは台本を何度も読み返して作詞したというので、ドラマの世界観とピッタリの歌が出来上がっているはずです。

♪でたらめな日々呪った、♪愛を持って 死ぬ気で生きるだけ…

出典:「帰り花のオリオン」

オリオンは、星座のことでしょうか。

冬の夜空に輝くと言えばオリオン座ですよね。

「帰り花のオリオン」は「#コールドゲーム」の世界観にぴったり合った

どんな極限状態でも

何をしてでも

生き残れ!

という強いメッセージの歌なのではないでしょうか?

まだ聞いてないよ。

という方↓から聞けます。

ウイカ「帰り花のオリオン」のオリコン順位が気になる!

粗品さんの「ビームが撃てたらいいのに」は順位よかったですね。

新曲「帰り花のオリオン」も期待できそうです。

配信は6月4日スタートです。

配信後調べて追記します。

 

ウイカ「帰り花のオリオン」歌詞意味解釈!オリコン順位が気になる!まとめ

「帰り花のオリオン」は、#コールドゲームの世界観にぴったり合った歌だと言えそうです。

バリバリなロックなメロディもウイカさんのにぴったり!

ドラマがスタートしてからの評判をチェックしてみようと思っています。