芸能

菅田将暉「虹」歌詞意味解釈!石崎ひゅーいの歌ってどう?評判を調べてみた!

菅田将暉さんが、映画「STAND BY ME ドラえもん2」のテーマソング「虹」を歌うことになりました。

とてもいい曲ですね。

「STAND BY ME ドラえもん2」は、ドラえもんの第4巻「おばあちゃんのおもいで」がベースになったストーリーになるということです。

映画「STAND BY ME ドラえもん2」の予告編と映画「おばあちゃんの思い出」のレビューを読んだだけでも涙なしでは見られないという感じなのですが、それに菅田将暉さんの歌声が重なるわけです涙腺崩壊間違いなしです。

また、「虹」の作詞作曲は、石崎ひゅーいさんでした。

心にしみるわけです。

菅田将暉さんの「虹」を私なりに歌詞意味解釈してみました。

菅田将暉「虹」歌詞意味解釈!

タイトルの

虹には、どんなイメージをもっていますか?

雨上がりに見上げると空に映る虹。

虹は、つらいことがあった後の希望の象徴だと思います。

 

この曲は、最高のプロポーズソング

一生隣にいると約束して、私たちは結婚します。

一瞬のときめきだとか、勘違いではなく

人を好きになった時に見た目とか、うわべのことだけでなく

人間として認め合う。

相手のことをしっかり理解して

どんな自分でも受け入れてくれる人

お互いがそう思える奇跡ともいえる出会い

そんな相手へのプロポーズソングだと思います。

そして、「STAND BY ME ドラえもん2」のテーマソングである以上

ずっと一緒にいるという相手は結婚する相手だけではなく

家族へのラブソングかもしれません。

両親はもちろん、おばあちゃんやおじいちゃんへの思い、逆に家族が自分を思っていてくれること。

その思いは永遠だよ。

と歌っている歌「虹」なのではないでしょうか。

石崎ひゅーいの歌ってどう?評判を調べてみた!

菅田将暉さんの「さよならエレジー」も石崎ひゅーいさんの曲でしたね。

「さよならエレジー」は、「虹」と違ってアップテンポですが切なさはしっかりと伝わってきます。

菅田将暉さんもとてもいいのですが、石崎ひゅーいさん自身が歌うのもいいですね。↓

そして、今回の虹も石崎ひゅーいさんです。

石崎ひゅーいさんは、次のようにコメントしています。

恋人や家族や友達、あたりまえに過ぎていく日々の中で、忘れがちな「ありがとう」という言葉を、いつもあたりまえのようにそばにいてくれる人達へ純朴に伝える歌です。
菅田くんのまっすぐな歌声が、ドラえもんの優しい世界をより鮮やかに彩っていると思います。楽しみにしていてください。

出典:BARKS

石崎ひゅーいさんについての評判を調べてみました。

不思議な世界に行ける
ほっこりする

なんかすごくよくわかるコメントなのですが、↓に絶妙に菅田将暉さんと石崎ひゅーいさんを語ってくれているtweetを見つけました。

なんだかんだと言ってもこの一言に尽きるのかもしれません。

虹は2020年11月25日リリースです。

菅田将暉「虹」歌詞意味解釈!石崎ひゅーいの歌ってどう?評判を調べてみた!まとめ

映画「STAND BY ME ドラえもん2」のテーマソングが、菅田将暉さんだから観に行く!

という人は私だけではないと思います。

「虹」は、ダメな自分も優しく許してもらえる、受け入れてもらえるから頑張れる。そんな気持ちにさせてくれます。

今まで、菅田将暉さんを通してしか知らなかった石崎ひゅーいさんに私もしっかりはまっています。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。