芸能

斎藤司が骨折!後遺症は?番組出演はどうなるのか調べてみた!

「でんじろうのTHE実験」の番組ロケで斎藤司さんが、骨折してしまったというニュースが!

骨折してしまった時は、お尻の下にエアバッグを敷いて爆発させ、体が宙に浮くかどうかの実験をしていたといいます。

下の画像はTwitterに投稿されていたもので、今回とほぼ同じ実験なのではないかと思われます。

画像

事前の検証では体が浮かなかったのに、1メートルも浮いてしまったというので、体が反応できなかったのではないでしょうか。

そのため斎藤司さんは、うまく着地できず右手と腰を打ってしまいました。

報道では日常の生活は遅れるということなのですが、後遺症などの心配の声があがっています。

また、レギュラー番組もたくさんかかえている斎藤司さん仕事はできるのでしょうか?

後遺症とレギュラー番組について調べてみました。

斎藤司が骨折!後遺症は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

トレンディエンジェル斎藤司(@tsukasa_trandy)がシェアした投稿

斎藤司さんに限らず、お笑い芸人の方は体を張った仕事がおおいです。

 


斎藤司さんがケガをしてしまったロケは群馬県でした。

痛みが強かったため、県内の病院でエックス線検査などを受けたところ、背骨の圧迫骨折、右手首のねんざが判明したといいます。

その後、ロケを中断し、都内の病院で精密検査を受けました。

日常生活への支障はないものの、痛みは1か月程度は続くという診断でした。

斎藤司さんは入院はしておらず、自宅で療養しているということです。

入院しないと聞くと少し安心します。

そんなに重症ではないと判断してしまいます。

けれども、背骨には神経通っていますし心配ですよね。

このような場合どんな治療をするのか、専門家のサイトで調べてみました。

通常の治療は、コルセットで固定。トイレ、入浴など動きの制限は骨折の程度による。

激しい痛みに対しては、痛み止めを用いる。

痛みがなくなったら、ストレッチや筋肉トレーニングのリハビリで体を動かしていく。

最も気になる後遺症は、椎体の変形、骨癒合不全、神経麻痺などが起こる場合があるそうです。

(徳島県医師会のサイトから引用しました。)

圧迫骨折というと高齢の方によく起こると聞きますね。

高齢の方の場合は、慢性的な腰痛の原因になることも多いようです。

斎藤司さんは、2020年で41歳。

まだまだ若いので回復されるでしょうが、慢性化しないように仕事よりも今は体を第一に考えて、今後のケアをしっかりしてほしいと思います。

次に、斎藤司さんのレギュラーは番組について調べていきたいと思います。

斎藤司が骨折で番組出演はどうなるのか調べてみた!

複数のレギュラー番組がある斎藤は休養はせず、「今後も仕事を続けていきたい」と意欲を見せているという。

出典:スポーツ報知

斎藤司さんのレギュラー「くりぃむクイズ ミラクル9」は、クイズ番組なので体の負担は少なそうですね。

画像

「直撃LIVE グッディ!」では、月曜日のコメンテーターをしています。

月曜日だけですし、コメンテーターなので座っていられる点でも大丈夫な気がします。

「ラップスタア誕生! Season3」では、斎藤司さんはMCですね。

収録がどこまで進んでいて、どの程度の周期で収録するのかも気になります。

レギュラー番組以外にもCMや特別番組の予定が入っているかもしれませんが、

調べたところライブの予定はないようです。

斎藤司が骨折!後遺症は?番組出演はどうなるのか調べてみた!まとめ

危険を伴う内容は事前にリハーサルは必須。とはいえ、放映された番組を見ていても危険を感じて、ドキドキすることありますよね。

視聴率と視聴者の需要もあってのことなのでしょうが、Twitterには斎藤司さんの体を心配する声がたくさん寄せられていました。

斎藤司さんの早い回復をお祈りしたいと思います。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。