社会

ROOKIE Racingってどんなチーム?順位はどうなのか調べてみた!

マツコ・デラックスさんが、「ROOKIE Racing」の個人スポンサーになりました。

「微々たる金額」と謙遜していらっしゃいますけど、スポンサーになった理由は役に立ちたいと考えたというから凄い方だなと。

テレビに出演しているだけでも、笑わせてくれたり、考え方を教えてもらったり、十分役に立っていると思うのですが、それだけではたりないのですね。

そんな素敵なマツコさんを夢中にさせている「ROOKIE Racing」について調べてみました。

ROOKIE Racingってどんなチーム?

出典:GAZOO

「ROOKIE Racing」はプライベーターチーム

2017年に片岡龍也さんが作った『T’S CONCEPT』が、2019年に名前が変って「ROOKIE Racing」になりました。

プライベーターチームというのは、自動車メーカーではない企業が運営するチームです。

プライベーターチームは資金繰りが大変なようです。

車は購入する必要があるし、レースにでることで収益をあげなければなりません。

2021年にマツコさんが個人スポンサーになってくれたのは、「ROOKIE Racing」にとって願ってもないことでしょうね。

レーサーの胸にマツコさんの名前も貼られるということですから、宣伝効果は大きいのではないでしょうか?

影響力のある人ですから、今までモータースポーツに興味のなかった人も関心を示すようになるのは間違いないでしょう。

スポンサーの件は、マツコさんが豊田章男さんと話したことで決まったようです。

プライベータ―チームと言っても、「ROOKIE Racing」とトヨタとのつながりは深いことになります。

豊田章男さんは、レースで出てきた不具合を解決し、「将来的にはトヨタに役立つ」と車づくりに生かしたいようです。

 

ドライバーは?

豊田章男さんもドライバーとして参加しています。

その時は、豊田章男ではなくモリゾウ選手になります。
なぜモリゾウなのか疑問をかんじますよね。2005年の愛知万博の公式キャラクター「モリゾー」をもじったということです。

出典:愛・地球博

そして、モリゾウ選手の息子豊田大輔さんもドライバーとして参加しています。

出典:朝日新聞

豊田章男さんは、大輔さんをマスタードライバーに育てたいらしいのです。

チームが大輔さんをドライバーとして迎えてくれた時に、豊田章男さんはポケットマネーで車をチームに贈ったといいます。

 

 

《A》井口 卓人

井口卓人さん

2021年33歳

愛車は、スバル・BRZ

《B》佐々木 雅弘

佐々木 雅弘さん

2021年46歳

モータースポーツの発展を考えている人です。

イケメンで女性ファンも多いとのこと。

《C》河野 駿佑

河野 駿佑さん

2021年26歳

ROOKIE Racingの順位はどうなのか調べてみた!

2020年9月富士24時間レースで優勝をおさめていました!

もちろん優勝という華々しい結果だけではありません。

2020年夏の全日本スーパーフォーミュラ選手権では

大嶋和也選手が、決勝で10位という健闘ぶりでした。

これはチームにとって大きな一歩だということです。

ROOKIE Racingってどんなチーム?順位はどうなのか調べてみた!まとめ

2020年はコロナ禍でレースも思うように開催されなかったりしていましたが、「ROOKIE Racing」の2021年の成績はどうなのでしょうか。

マツコさんと豊田章男さんが話があうというところが面白く、今後のマツコさんがどうやってモータースポーツに関わっていくのかも注目したいと思います。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。