歌詞

三浦大知「燦燦」歌詞意味解釈!UTAって何者?

三浦大知さんの新曲「燦燦(さんさん)」が朝ドラ「ちむどんどん」のテーマソングに決まりました。

「燦燦(さんさん)」とはどんな意味を持つ歌なのでしょうか?

また、三浦大知さんと一緒に作曲を手がけたUTAさんとはどんな人なのか調べてみました。

三浦大知「燦燦」歌詞意味解釈!

三浦大知さんは曲を作る時にかなり頭を悩ませ、ドラマの持つ世界観やメッセージを曲の中にどう落とし込むか迷っていたと言います。

三浦大知さん自身の言葉で表現してください。という言葉で吹っ切れて、曲は完成しました。

三浦大知さんは↓のように答えています。

とてもあたたかな光を感じられる“手紙”のような1曲

出典:リアルサウンド

「「燦燦(さんさん)」とは、太陽の光がキラキラと明るく降り注ぐ様子を意味した言葉です。

タイトルだけでも元気がもらえる曲になっていることがわかります。

姉から妹への思いがつづられています。

妹の努力をずっと見守ってきた姉

光というのは、希望、夢を表し

夢や希望は必ずかなうよ

過去の頑張りが今に未来につながっていくよ

そんな風に妹の夢がかなうことを願っています

姉から妹を思うと書きましたが、兄から妹でもいいでしょうし、弟から姉への思いとも言えます。

兄弟の頑張りをすっと見守ってきた兄弟愛の歌と言えるのではないでしょうか。

歌詞に出てくる

願う姿

妹が目標に向かっていく姿を現していると思います。

親から子への思いとしての歌にもなりそうです。

ドラマ「ちむどんどん」のストーリーに沿って、三浦大知さんの言葉でつむがれた詞になっています。

時代を超えどんな逆境の中でも、世界でいちばん美しいもの──それは家族です。傷つきながら、励まし合いながら大人への階段をのぼっていく四兄妹のドラマはきっと、今を生きるすべての家族の物語です。

出典:ちむどんどん公式

三浦大知さん自身も3人のお子さんのパパであることから、家族の愛情はもちろん、大切な人、大好きな人への手紙としても通じる歌になっていると思われます。

三浦大知「燦燦」を作曲したUTAって何者?

UTAさんの読み方は、ユウタさん。

音楽プロデューサー、トラックメイカー、作曲家、編曲家です。

関わったアーティストはそうそうたる名前が並びます。

安室奈美恵さん、東方神起、山下智久さん、SKY-HIさん・・・・、そして、BTSも!

UTAさんが現在何歳になるのか情報はありませんでした。

ツイッターアカウントには↓の画像が使われています。

画像

 

三浦大知さんは「燦燦」について、完成する最後の作業まで一つ一つ 大切に作らせて頂きました。とtweetしていました。

UTAさんのInstagramに三浦大知さんとのツーショットがありました。

投稿されたのは、2021年6月

この頃から「燦燦」が作られていたのかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

UTA(@utatvp)がシェアした投稿

三浦大知「燦燦」歌詞意味解釈!UTAって何者?まとめ

三浦大知さんの新曲「燦燦」は、明るく太陽の光が降り注ぐあたたかな手紙のような曲。

三浦大知さんは誰に向けての手紙を書いたのでしょうか。

UTAさんについての公開された情報は少なく、謎が多かったです。

 

ドラマ「ちむどんどん」について詳しくはこちら