芸能

【未満警察 ミッドナイトランナー】は韓国映画「青年警察」のリメイク!あらすじを予測!

4月からの日本テレビ系新土曜ドラマのW主演に、中島健人さんと平野紫耀さんが決まりました。

【未満警察 ミッドナイトランナー】は韓国映画のリメイクだということがわかりました。

ミッドナイトランナー公式HP

「青年警察 ミッドナイトランナー」は韓国でも人気絶頂のパク・ソジュンカン・ハヌル

韓国の「青年警察」は映画。

今回の「未満警察」はドラマのため、オリジナルストーリーが追加されることが予想されます。

タイトルの未満警察とは、 2人が警察学校に通っているということで未満がつき、ミッドナイトランナーで文字通り深夜に走る2人が想像できます。

ざっくりと警察学校に通う2人が、深夜に走り回って事件を解決するストーリーといえそうです。

番組の公式HPと映画からあらすじを予測していきたいと思います。

【 未満警察 ミッドナイトランナー】 キャスト

「未満警察 ミッドナイトランナー」公式HPより

中島健人さんは、本間 快(ほんまかい)を演じます。

本間 快

・理論重視の頭脳派タイプ

・常にメガネをかけている

・真面目で実直

・困った人を見捨てられない

・警察学校で勉強した洞察分析力を生かしプロファイリング能力を開花させていく

韓国「青年警察」ではヒヨル役をカン・ハヌルが演じています。

平野紫耀さんは、一ノ瀬 次郎(いちのせじろう)を演じます。

一ノ瀬 次郎

・感情先行型の肉体派タイプ

・ありあまる体力で武道経験者さえもいなしてしまう猛者

・ちょっと抜けたしゃべり方や考え方で周囲の者を戸惑わせる。

・うそをつけない性格

・誰かが困っているときは一番に助けに行く優しい心の持ち主

韓国「青年警察」ではギジュン役をパク・ジュソンさんが演じています。

引用元:オリコンニュース

【 未満警察 ミッドナイトランナー】 あらすじ

※まだ情報が出ていないので、予測の部分もあることをご了承の上お読みください。

コメディ部分とシリアスな事件の側面をテンポよく見せてくれるドラマになりそうです。

実際2人は雑誌の取材で答えています。

一緒にアクション稽古をしていて、決めるべきところをしっかり決められるのが、次郎ちゃんのいい部分でもある

オリコンニュース

また、中島さん扮する本間についても平野さんが次のように語っていました。

快くんは頭脳派なんですけど、たまに抜けているところがあって、そこがかわいらしくもあるので、そういうキュートなところを見たいです。

オリコンニュース

この2人のコメントからも笑えて、アクションがかっこいい!ことがわかります。

警察学校で得た知識しかない2人、頭脳明晰な本間はその知識がしっかり頭に入っています

例えば、誘拐事件

クリティカルアワー7時間」生死を分ける大切な時間、誘拐されてからタイムリミットは7時間というわけです。

また、捜査の3大要素

・被害的中心捜査

・物品中心捜査

・現場中心捜査

このようにすべて本間の頭にはインプットされています。

ところが、一ノ瀬はテストで出た問題すらもわからない状態!

3大要素を

・情熱

・執念

・本気

と答えます。

こんな凸凹コンビの2人がなぜかいつも事件に出くわします。

夜の街を歩いていて、「かわいいなー」と思った女性が誘拐されてしまう。

たまたまそんな場面を目撃してしまい、女性を助けようと走り回ります。

その誘拐の背景には恐ろしい犯罪組織の実態とは?

・・・・

1話完結パターンか

一つの事件を犯罪を解決しながらバックに潜む大物犯罪者と闘っていくパターンも考えられますね。

韓国「青年警察ミッドナイトランナー」を無料で観る方法があった!

「未満警察」の原作、韓国「青年警察」を無料で観る方法とは?

U-NEXT です。

31日間の無料トライアル

31日間の無料トライアル中に解約すれば一切お金はかかりません。

韓国映画だけではなく、国内外の映画、アニメ、ドラマなど14万本以上の動画が見放題!

動画だけでなく雑誌やアニメも読み放題!

テレビだけではありません

U-NEXTが観られるのはテレビだけではなく、パソコン、タブレット、スマホ、ゲーム機で観たいときに観たいだけ楽しめます。

解約の方法は?

アカウントページからいつでも解約できます。

【未満警察 ミッドナイトランナー】は韓国映画「青年警察」のリメイク!あらすじを予測! まとめ

まだ情報が出ていないので、ある情報をまとめてのあらすじ予想をしてみました。

中島健人さんと平野紫耀さん出演だけでも沸いていますが、元になった韓国映画「青年警察」は韓国で550万人を動員したといいます。

それ程の面白さ!これを見逃したら損ですよ。

最後までおつきあいいただき

ありがとうございました。