歌詞

milet 「Walkin’ In My Lane」歌詞意味解釈!やんごとなきの意味とは?

milet さんの「Walkin’ In My Lane」がドラマ『やんごとなき一族』の主題歌に決まりました。

「Walkin’ In My Lane」のCD発売は、5月25日!

初回盤には初のツアー映像も収録されるのだとか。

やんごとなき一族の主題歌ということで、ドラマの内容に即した曲だろうと予想はできますが、どんな意味を持つ曲なのでしょうか?

ドラマの主題歌ということで、『やんごとなき一族』の内容から見ていきたいと思います。

やんごとなきの意味とは?

下町娘が資産家一族へ嫁ぎ苦労するというアフターシンデレラストーリー。

一般家庭ではなかなかあんな家族写真撮らないです。

土屋太鳳さんの表情も役どころにぴったり!

これからも様々な表情を見せてくれるのでしょうね。

理不尽な思いや信じられない苦労をもするけれど、最終回では下町娘の影響を受け資産家一族が愛のある家庭へ変わっている。

そんな展開を想像してしまいます。

やんごとなきとは、高貴の身であるという意味の古語。

そのままにしておけない、高貴な身分から生まれた言葉です。

「高貴な一族」に土屋太鳳さん演じる佐都がイジメられるのですが、佐都も「常識ないよ」とツッコミどころが満載です。

原作マンガでは、そういったところにイライラする人もいるようですが、ドラマでは多少原作と変わっているところもあるようなので、どんな風に描かれているのか楽しみにしたいと思います。

 

milet 「Walkin’ In My Lane」歌詞意味解釈!


milet さんは、「Walkin’ In My Lane」で主人公の佐都を応援しています。

My Laneとは、自分の行く道、進むべき道

信じる道を進もう!そんなタイトルでしょうか。

milet さんは、「Walkin’ In My Lane」について↓のように語っています。

幸せになりたいだけなのに、なんでこんなに孤独な気持ちになるんだろう。楽しい、とか、好きって気持ちだけじゃ上手くいかないこととどう折り合いをつけて生きていくべきなんだろう。

悩めば悩むほど足が竦むけど、自分の人生の結末を決めるのは自分なんだから、一度きりの人生、私は想像上だけの不安な運命とやらに抗ってみたいんです。私なりに。

出典:milet公式

頑張っているけど、幸せを感じていない。

そんな女性はたくさんいるのかもしれません。

がんがる場所は学校や職場、家庭と人それぞれ。

私たち女性に向けた応援ソングになのではないでしょうか?

milet さんの「Walkin’ In My Lane」は、4月21日に配信リリースされ、さらに5月25日にはこの曲を収めたCDがリリースされる予定です。

milet 「Walkin’ In My Lane」歌詞意味解釈!やんごとなきの意味とは?まとめ

 

milet さんの「Walkin’ In My Lane」は、やんごとなき環境ではなくても頑張っている私たちへの応援ソング。

生きていると理不尽なことってたくさんあるかと思います。

その理不尽も立場が変ればそうではないことも。

視野を広げて生きることを教えてくれるドラマかもしれません。

milet さんの「Walkin’ In My Lane」は、5月25日に発売です!