神社

子供の成長をいのるため拳母神社に行ってきました!

地元と娘をこよなく愛するアラカンうさぎです。

母と子のための神社

拳母神社があると聞いて、じっとしてはおられず行ってきました。

拳母神社(ころもじんじゃ)

拳母神社

創建については諸説ありますが、1189年、源義経の家臣鈴木重善が大和吉野から「子守明神」を勧請し祀ったことから「子守大明神」とも呼ばれ、昔から安産、初宮詣り、七五三詣りなどにご利益があるといわれています。境内には子守稲荷社のほか、樹齢650年と言われる大楠や、匂い桜などがあります。

愛知県豊田市の観光公式サイト ツーリズム豊田より

すごい歴史です。源義経という名前が出てきます。

説明にあるように子供を守ってくださる神社です。

私が行ったのは平日。この日も七五三のお参りの家族が何組か来ていました。

この神社が有名なのは

10月に二日間にわたって行われる拳母祭り。

このお祭りはかなり賑やかでにとり行われるそうです。 

子供を守ってくれる拳母神社

子守稲荷社

社務所の隣にある子守稲荷社

連なった赤い鳥居をくぐると別世界。

京都の伏見稲荷の迫力には及びませんが、不思議な世界をひととき味わえます。

この稲荷はいつどのような経緯で祀られたかは不明だということです。

例祭日は伏見稲荷と同じ1月、2月の初牛の日と書かれていました。

子守りだけではない拳母神社

拳母神社は子守りだけでなく、商売繁盛や車の交通安全でも

訪れる人がいるのだとか。

馬神の像

昔、神様にお願いをするときは馬を献上したといいます。

それが絵馬になったといわれています。

この馬神様が願いをかなえてくださるかもしれません。

ご神木

空と大地を結んでいるかのようにそびえたち、パワーを感じずにはいられないご神木です。

樹齢650年と言われています。

針塚

昭和33年にたてられた針塚です。歴史を感じますね。

裏に回ってみると40名ほどの名前が掘ってありました。

針供養などの祭事があるのかもしれません。

拳母神社へのアクセス

所在地 愛知県豊田市挙母町5-1

私は車で30分ほどかかりました。

拳母神社西の交差点を入ったらかなり細い道路でしたが、

交差点入ってすぐに駐車場があります。

電車 名鉄豊田駅から徒歩 8分

拳母神社に行ったら絶対に行ってほしいカフェ・ド・シェフ

ラテ

こんなにかわいいラテをいただきました。

飲むのがもったいない。

動物か?模様か?を聞かれ、

迷わず、

「うさぎ!」

おだやかなマスターがリクエストに応えてくれます。

「作るところ…近くに見にきていいですよ。」

と言われ、カウンターを覗き込むようにしてみていました。

説明も上手!

それもそのはず中学で体験学習の先生をしているそうです。

ご夫婦二人でやってらっしゃるお店はアットホーム。

コーヒーを待つ間奥さんが、

「無農薬のものですよ。よかったらどうぞ。」

サービスのフルーツ

柿を出してくださいました。

ありがとうございます。

お話もたくさん聞かせてくださいました。

拳母神社の帰りだと話したら

来年はぜひお祭りにと様子を聞かせてくださいました。

かなりにぎやかなのだとか。

ツーリズム豊田公式サイトより

今年はラグビーの選手が祭りに来てくれて、例年を上回る盛り上がりだったそう。

ここのお店にも来てくれて、はっぴがちゃんちゃんこみたいだったと笑い

ただただ体の大きさに驚いたといっていました。

マスターもはっぴを着て山車をひっぱり

年に一度の楽しみなのだそうです。

カフェ・ド・シェフへのアクセス

拳母神社から歩いて、数分のところにあります。

電話 0565-31-2339

オープン AM9~PM9

定休 水曜日

拳母神社まとめ

豊田市の中心部にある拳母神社。

車の多い道路の喧騒から一歩境内に入ると静かな時間が待っています。

安産をいのり、

成長をいのり、

人々は節目になるとここを訪れ手を合わせてきたのでしょう。

私の娘は七五三はとうに過ぎてしまったけれど、

娘の健やかな成長をお祈りしてきました。