芸能

藤井風damn歌詞意味解釈!帰ろうのアンサーソング?

藤井風さんが好きすぎて、LOVE ALL SERVE ALLばかり聞いています。

友人にどの曲が好き?と聞かれた時に「ガーデン」と答えたものの、あとでdamnも好きだし、燃えよもいいし、まつりも・・・順番なんてつけられないです。

LOVE ALL SERVE ALLの中で唯一英語のタイトルのdamn

「damn」の歌が持つ意味を考えてみました。

藤井風damn歌詞意味解釈!

damnの中の主人公はかなりやけになっていますね。

自分のしたことに後悔しています。

幸せだったころを忘れてしまうくらい、今は取り返しのつかない状態。

もうあの頃には戻れないようです。

そんな悲劇的な状況を

don’t give a damn

「痛くもかゆくもないさ!」

と自分自身に言い聞かせています。

それで割り切ることができずに、後悔が押し寄せています。

そして最後の最後には、忘れようとはしないで愛を誓っています。

藤井風damnは帰ろうのアンサーソング?

藤井風さんはMUSICAのインタビューの中で、「damn」は帰ろうのアンサーソングだと言っています。

藤井風さんは同誌で曲を作る過程について話していました。

メロディが先、言葉にならない言葉を当てはめ歌い、日本語や英語を入れていく。

そんな風にしてあの素敵な曲たちは生まれるのだそうです。

なので、「damn」は「だんだん」という音から生まれた曲であることがわかりました。

そして「damn」を一言で執着の歌と言っているのです。

「帰ろう」がすべてを手放す歌だったので、「damn」がアンサーソングという位置づけになったのですね。

そして気になることがもう一つ。

私にとって恋愛ソングだった「damn」ですが、藤井風さんは少し違っていました。

とり方によっては恋愛のようなものにもとらえられる歌詞

出典:MUSICA

恋愛ととらえずにもっと大きなものとして書いた詞のようです。

それがわかったら少し勇気がもらえませんか?

何か失敗をしたり、うまくいかないことがあったとしても、表面上は平気な顔をしている。

そして、最後に愛を誓って、真摯に生きていくことを誓う。

自分はダメだと落ち込みたくなる時、自分だけではないと勇気をもらえる曲だと思いました。

聞けば聞くほど、藤井風さんの曲は深いです。

風さんの「ガーデン」の意味など関連一覧はこちら

 

藤井風damn歌詞意味解釈!帰ろうのアンサーソング?まとめ

藤井風さんの「damn」は恋愛ソングのようで、それだけではないことがわかりました。

想いが音で表現できるってすごい才能だと思います。

LOVE ALL SERVE ALLというアルバムに収録された曲だけありますね。

すべての人に敬意を持つ。だったら、自分も大切にしようと思いました。

LOVE ALL SERVE ALLの意味はこちら