歌詞

Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」歌詞意味解釈!作曲は誰?

Hey! Say! JUMPの「群青ランナウェイ」の8月25日発売が決まりました。

嬉しいことにこの楽曲は、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』の主題歌です。

(@^^)/~~~

主演が伊野尾慧さん。

そして、バディ役に神宮寺勇太さんの出演も決まっています!

「群青ランナウェイ」はどんな意味を持つ曲なのでしょうか?

そして、駆け抜けるようなノリノリのメロディの作曲者は誰なのでしょうか?

Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」歌詞意味解釈!

出典:WOWOW公式

「群青ランナウェイ」は、ドラマ『准教授・高槻彰良の推察』のテーマソングなので、ドラマのあらすじを見ていきましょう。

異能を持った准教授と孤独を抱えた少年の目線を通じて、人と繋がることの大切さを描いたヒューマンミステリー

出典:WOWOW公式

伊野尾慧さん演じる高槻彰良は、完全記憶能力を持ち、怪奇現象にしか興味を示さない准教授。

そして、神宮寺勇太さん演じる深町尚哉は、人の嘘が見抜ける能力を持っています。

二人は、コックリさんをもとに起きた事件を解決していきます。

ハラハラ、ドキドキする展開が待っていそうですね。

「群青ランナウェイ」も次のように解説されています。

片想いの焦燥感や苛立ちをエッジーなメロディに乗せ怒涛のリリックで紡いだ、“回答不完全、感情疾走ソング”となっている。

出典:billboad

怒涛のリリックって気になりませんか?

激しく打ち寄せる波のような歌詞

そして、全体としては答えのない思いが駆け抜ける歌ということでしょう。

タイトルのランナウェイには、家出や逃亡という意味があるので、何かから逃げている二人なのでしょうか。

群青は、青い空を指すことが多く、昼間の明るい空の下にはいられない二人なのかもしれません。

主人公は男?女?どちらとも?

曲の前半が男性の思いで、後半が女性の思いのようにも受け取れます。

時間は、夕方は過ぎてまだ早い時間の夜

飲んで騒ぐ人たちでにぎわうまでにはまだ少し時間がありそうな時

好きなのは間違いないけれど、この先はわからない

二人はどうなるのか?

Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」作曲は誰?

 

 

「群青ランナウェイ」の作曲がだれなのか、知りたい!と話題になっています。

曲の感じがボカロっぽいことと、今までのHey! Say! JUMPの曲とはイメージが違うことで、作曲者が気になります。

発表を待ちたいと思います。

Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」歌詞意味解釈!作曲は誰?まとめ

「群青ランナウェイ」の歌詞意味は、人によって大きく解釈が変わりそうです。

そんなところが、回答不完全なのでしょう。

自分で納得できる解釈をして気持ちよく聞きたいですよね。

それにしても、作曲者は誰なのでしょうか?

情報が入り次第追記します。

Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」予約特典は何?最安値はどこ?