人物コレクション

早川史哉(アルビレックス新潟)結婚相手は誰?復帰後の体調はどうかも調べてみた!

アルビレックス新潟の早川史哉さんが結婚しました。

お相手はどんな方なのでしょうか?

早川史哉選手がご入籍されました。おめでとうございます。

早川史哉後援会「238」さんの投稿 2020年5月30日土曜日

 

早川史哉(アルビレックス新潟)結婚相手は誰?

出典:world超サッカー

早川史哉さんの気になるお相手は、大学の同級生ということだけわかっています。

以前からお付き合いしていたとのことで、お付き合いは学生時代からなのでしょうか?

早川史哉さんは、1994年生まれ

2012年筑波大学に入学しています。

奥様は、同じ年か少し上ということになりますね。

入籍は2020年5月24日

早川文哉さんは自身のブログ

「ただひたむきに」にも結婚のことは何も触れていません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

それにしても昨日は楽しかった! またみんなでやりたいね! #94japan #94zoom同窓会 #メキシコ #u17W杯

早川 史哉 / Fumiya Hayakawa(@fumizo_official)がシェアした投稿 –

#94japan
の同窓会が楽しかったという5月1日の投稿が最新の内容でした。

結婚や奥様について、早川文哉さんのSNSには全く情報がありませんでした。

一般の方なので、伏せてあるようです。

 

早川文哉さんは次のようにコメントしています。

「以前よりお付き合いしていた方と入籍いたしました。今まで自分がどんな状況でも笑顔で力強く寄り添ってくれていました。これからは笑顔で温かい家庭を築いていけるよう、より一層責任感を強く持って進んでいきたいと思います」

ここまで何もないと余計に気になりますが、

早川文哉さんおめでとうございます!!

お幸せに!

早川史哉の復帰後の体調はどうかも調べてみた!

 

このInstagramは5月29日に投稿されたものです。

とてもお元気そうです。

では、早川文哉さんの経歴を見ていきましょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

早川 史哉 / Fumiya Hayakawa(@fumizo_official)がシェアした投稿

新潟県新潟市出身

1994年1月12日生まれ

170センチ

70キロ

利き足は、右

出身校   新潟市立小針小学校

新潟市立小針中学校

開志学園高校

サッカー

小針レオレオサッカー少年団(新潟市立小針小学校)でサッカーを始めました。

2006年から2008年 アルビレックス新潟ジュニアユース

2009年から2011年 アルビレックス新潟ユース

2012年から2015年 筑波大学の蹴球部(サッカー部)

早川文哉さんはキャプテンとしてチームを引っ張り、関東大学チームの2部だったチームを1部へ昇格させました。

2016年のシーズンから、アルビレックス新潟の内定が発表され、8月には登録されました。

アルビレックス新潟入団後

新潟入団後、2016年2月27日のJ1開幕節・湘南ベルマーレ戦に先発フル出場デビューを果たしました。

開幕戦を含めリーグ戦3試合とヤマザキナビスコカップ1試合に先発フル出場しました。

2016年 急性白血病に

4月24日のJ1第8節・名古屋戦(早川文哉さんはベンチ入りのみ)後にリンパ節の腫れを訴えた為に病院で検査を受けました。

そこで、急性白血病と診断されました。

その後2016年11月に骨髄移植手術を行い

2017年から寛解に向けた治療に専念するためアルビレックス新潟との選手契約を一旦凍結(選手登録の解除)しました

2017年7月には発症時から入院していた病院を退院

復帰

2018年3月に下部組織

2018年8月にトップチームの練習に合流し、

2018年10月以降は練習試合で45分間プレーしました

10月には対外試合を出場、11月12日に契約の凍結解除が発表されました

2019年シーズンは選手登録はされたが出場機会はなかなか訪れませんでしたが、

8月17日のJ2第28節・岡山戦で3年ぶりのベンチ入りを果たすと、

10月5日のJ2第35節・鹿児島戦で右サイドバックとして先発出場、実に1287日ぶりの公式戦出場となりました

現在は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジョグ〜 #ノースリーブ

早川 史哉 / Fumiya Hayakawa(@fumizo_official)がシェアした投稿 –

自粛の中、トレーニングに励み、元気な笑顔を見せてくださっています。

早川史哉(アルビレックス新潟)結婚相手は誰?復帰後の体調はどうかも調べてみた!まとめ

早川文哉さんは、心配された白血病も緩解し、元気に過ごされています。

奥様の画像は見つかりませんでしたが、大学の同級生ということなので、闘病中もしっかりと早川文哉さんを支えていたのでしょうね。

これからのお幸せと

ご活躍をお祈りいたします。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。