歌詞

GReeeeN「アカリ」歌詞意味解釈!CD発売はある?

「アカリ」は、ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室』の主題歌です。

GReeeeNがTBSのドラマ主題歌を担当するのは、大ヒット曲となった「キセキ」を書き下ろした『ROOKIES』以来です。

『ROOKIES』は、2008年の放送だったので、13年ぶりになります。

「アカリ」はどんな意味を持つ歌なのでしょうか?

また、CDリリースはいつなのか調べてみました。

GReeeeN「アカリ」歌詞意味解釈!

 

「TOKYO MER~走る緊急救命室」主演は、鈴木亮平さん。

TOKYO MERは、事故、災害、事件の現場に駆け付けるドクター7人のチームです。

そのリーダーを任されたのが、鈴木亮平さん演じる喜多見幸太。

TOKYO MERのメンバーはお互いが助けあっています。

お互いがお互いを照らしあい支えあう。

「アカリ」もそんな歌。

「誰もが誰かのヒーロー」

誰もが誰かを照らしているそんな意味をこめて、タイトルは「アカリ」になりました。

「明かり」「灯り」の意味を込めて「アカリ」です。

「明かり」は、真っ暗な中にいないとその存在やありがたみもわかりにくいです。

つらい状況の人のほうが、その大切さは感じられるものですね。

私も誰かの「アカリ」になれたら、そんなことを考えてしまいました。

 

 

アニメ「漁港の肉子ちゃん」のテーマもGreeeenです。

「たけてん」って何?

 

GReeeeN「アカリ」CD発売はある?

 

GReeeen「アカリ」は。7月26日に配信リリースされますが、CD発売の情報はまだありません。

今後何か情報が入ったら、更新します。

GReeeeN「アカリ」歌詞意味解釈!CD発売はある?まとめ

あなたも誰かのヒーローになっています。

そんなメッセージを送ってくれる「アカリ」は私たちの日常を応援してくれます。

Greeeenの「アカリ」を聞いて、自分自身にとってのヒーローが誰なのか、考えてみるのもいいかもしれません。

星影のエールもいい歌でしたよね。

星影のエールの歌詞意味はこちら