歌詞

【Creepy Nuts】2way nice guy 歌詞意味解釈!配信やCD発売は?

『極主夫道 ザ・シネマ』の主題歌がCreepy Nutsの「2way nice guy 」になりました。

玉木宏さんが面白くてかっこいい極主夫道のテレビ放送は、もちろん欠かさず見ていました。

映画は「夏だ!祭りだ!カチコミだー!」 「笑いの頂上決戦、開幕!」というコピーとともに濃すぎるキャラ全員集合のお祭り感満載ということで、Creepy Nutsの「2way nice guy 」もそんな内容に沿った歌になっているはず!

Creepy Nutsの「2way nice guy 」の歌詞を私なりに解釈してみました。

そして、配信やCD発売についても調べてみました。

【Creepy Nuts】2way nice guy 歌詞意味解釈!

ドラマ「極主夫道」のテーマソングは、Da-iCEの「CITRUS」。

大切な人を守り抜くという漢気を歌った歌でした。

Da-iCEの「CITRUS」について詳しくはこちら

ドラマを見ると不死身の龍の強くて優しい人間性が、まさに「CITRUS」の世界ととリンクします。

ということは、『極主夫道 ザ・シネマ』のストーリーに即した「2way nice guy 」になっているはず。

まずは、『極主夫道 ザ・シネマ』のあらすじをチェックしてみましょう。

不動産会社社長の近藤は龍と過去に因縁があり、地上げを企てる。彼らに立ち退きを迫られる保育園を助けようと、龍は奔走するのだが……

出典:映画ナタリー

極道時代の因縁と保育園というのが鍵のようです。

では、どんな歌詞意味を持つ歌なのでしょうか?

「2way nice guy 」というタイトルは、極道だった龍と主夫となった龍は両方いい奴。そんな雰囲気の意味のようですね。

「2way nice guy 」を作詞したのは、R-指定さん、作曲は、 DJ松永さん。

Creepy Nutsは、「2way nice guy 」について↓のようにコメントしています。

ことわざの『馬鹿と鋏は使いよう』のように“使い道さえハマれば最高やけど、厄介で危ないナイスガイ”というニュアンスを込め、極主夫道の主人公である龍と、まだその道を見つける前の自分を重ねて書きました

出典:映画ナタリー

下の予告の途中から「2way nice guy 」が少し聴けます。

解禁され次第更新します。

【Creepy Nuts】2way nice guy 配信やCD発売は?

Creepy Nuts「2way nice guy 」の配信リリースは、2022年6月1日。

『極主夫道 ザ・シネマ』の公開が6月3日なので、主題歌の配信リリースのほうが先になりました。

「2way nice guy 」のCDリリース情報はありませんでした。

 

Creepy Nutsといえば、「のびしろ」

のびしろしかないわ

この曲にはゆるーく励ます力を感じます。

「2way nice guy 」も「のびしろ」のように元気がもらえる曲になっていることでしょう。

 

【Creepy Nuts】2way nice guy 歌詞意味解釈!配信やCD発売は?まとめ

Creepy Nuts「2way nice guy 」は、『馬鹿と鋏は使いよう』のように厄介で危ないナイスガイであるを歌ったものでした。

ナイスガイというのは、日本では見た目がかっこいい人というイメージがありますが、イギリスでは外見に限らず、中身のいい奴を指す言葉。

玉木宏さんは、見た目も中身もナイスガイ!

この曲にピッタリな人ですよね!!