芸能

back numberが紅白2022に出場しないのはなぜ?サプライズ出演の可能性は?

back numberは紅白2022出場しない!?

11月16日に発表された出場者の中にback numberの名前がなくて、ガッカリされた方も多いのではないでしょうか。

back numberが紅白2022に出場しないのはなぜなのか推測していきたいと思います。

そして、特別枠の噂も。

それについても見ていきましょう。

back numberが紅白2022に出場しないのはなぜ?

 

back number は朝ドラ「舞い上がれ!」のテーマソング「アイラブユー」を歌っています。

朝ドラファンもback numberファンも大みそかに「アイラブユー」を聞けると楽しみにしていました。

2021年の紅白でも「おかえりモネ」を担当したBUMP OF CHICKEN が「なないろ」を、「カムカムエブリバディ」を担当したAIさんが「アルデバラン」を披露し感動でした。

あの感動を今年はあじわえないのかも。

三浦大知さんの出演だけでは朝ドラファンとしては物足りないですよね。

2019年の朝ドラ「なつぞら」のテーマソング「優しいあの子」を歌ったスピッツもその年の紅白には出場していません。

スピッツは一度も紅白に出場していないグループです。過去に↓のように発言していたという噂があります。

人気があるのに紅白にでないグループの一つにMr.childrenがあります。

back numberのボーカル&ギター、清水 依与吏さんはMr.childrenのことを最も尊敬する偉大なバンドだと語っています。ライバルとも思っていなくて、自分たちを育ててくれたと尊敬しています。

Mr.childrenは音楽に優劣をつけるのはおかしいと紅白などに出場しません。

NHK側がオファーしていないはずはないので、back numberも上記の理由から紅白2022を辞退したのではないでしょうか。

back numberが紅白2022にサプライズ出演の可能性は?

 

最近の紅白は中盤で朝ドラの出演者がドラマ仕立てで登場することがありますね。

そのなかでback numberも出演するのではないかという見方も強いです。

少し前にニュース9で「アイラブユー」と「水平線」を演奏されていました。アイラブユーは朝ドラ主題歌、水平線は話題曲でストリーミング再生回数も飛び抜けており今の時代に合っています。 紅白も特別枠で上記2曲をメドレーされるのでは、と予想しています。

週刊女性PRIMEの記事の一部をご紹介します。

そして2022年の前期『ちむどんどん』主題歌を歌った三浦大知も、無事に4回目の出場を果たすことに。この流れを汲むと当然、back numberは不可欠な存在だ。

中略

おそらくはback numberも朝ドラに絡めた、初登場にふさわしい演出が練られていると思いますよ(前出・芸能デスク)

週刊女性PRIMEの芸能デスクが書いた記事なので、かなり真実に近い内容なのではないかと思います。

朝ドラのテーマソングの仕事を受ける時点で、清水 依与吏さんの頭に年末の紅白のことがよぎらなかったのか気になります。

「紅白出られないけど、いい?」という清水 依与吏さんを担当者は何とか説得していたかもしれません。

back numberのサプライズを期待して大みそかを迎えようではありませんか!

back numberが紅白2022に出場しないのはなぜ?サプライズ出演の可能性は?まとめ

back numberは、Mr.childrenを尊敬していて音楽に対する考え方もミスチル寄りになっていると思われます。

紅白に出場しないとなれば、音楽に優劣はつけたくないという思いからの辞退。

けれども、サプライズの可能性も秘めているのでback numberの登場を楽しみに待ちたいと思います。