神社

子供と行ける地元の神社!「安城七夕神社」のパワースポットがすごい!

パワーを感じる神社大好きアラカンうさぎです。

今回は私にとっては懐かしい安城七夕神社を紹介します。

私自身子供のころここで遊びましたし、娘が小さいころもよく連れて行きました。

安城七夕神社があるこの公園には、他に動物舎文学の散歩道、市民会館があります。

ジャングルジムなどの遊具で遊べ、動物とも触れ合える小さい子とママに嬉しいスポットです。

安城公園

安城七夕神社

ひっそりとたっています。
きーぼーの像

きーぼーは七夕のゆるキャラ。

願いが叶うと書かれていました。

希望☞きーぼー

手水場

社務所はなく、本殿も締まっていました。

本殿

日ごろはこんな感じで静かな神社。

ところが年に一度七夕の時にはとても賑やかになります。

安城七夕祭り公式HPより

例年8月の第一金、土、日にお祭りが行われます。

そしてこの3日間だけお守りが買えたり、

御朱印もいただけます。

御朱印は限定のようなので絶対に欲しいという方はお早めに。

時間は日にちによって違います。

お問い合わせの上お出かけください。

安城七夕祭り公式HPより

動物舎

動物園とは呼べない感じの小さな動物舎。

しか、マーラ、インコ、ポニーなどがいます。

マーラ

テンジクネズミ科のマーラは一夫一婦制、ペアは一生解消されないそうです。

途中でパートナーチェンジしないなんて、人間も見習うべき?

ポニー

ポニーの女の子 さくらちゃんです。

娘を連れて行っていた頃は野菜くずを持ってシカに食べさせたりしていたのですが、

エサをあたえないでください。

と貼り紙がありました。

動物舎の周りには囲いがあるので、近くで観察したい方は

囲いが開いている時間の、9時から16時半の間に行ってください。

文学散歩道

新見南吉の碑

文学散歩道は昭和47年5月に設置されました。

松林の中に安城市ゆかりの詩や俳句の碑が並んでいます。

新見南吉は若いころ安城市で教師をしていました。

新見南吉の他にも

童謡「十五夜お月さん」で有名な野口雨情

石川丈山

堀尾一斗など

ただ歩くだけなら10分もかからない散歩道です。

しっかりと文学史にふれるなら2,3時間を予定して散策してはいかがでしょうか。

安城公園までのアクセス

私は車で20分ほどのドライブでした。

駐車場は無料のスペースがたくさんあります。

イベント時でない限り停める場所には困りません。

公園内の駐車スペースがいっぱいの場合は、

さくら庁舎の駐車場へ。(無料です)

公共交通機関 JR東海道線 安城駅 徒歩15分

安城公園まとめ

日本のデンマークともいわれる安城市の中心部にある安城公園。

のどかだけあって、入場料、駐車料金はかかりません。

安城七夕神社でママはパワーをもらって、

キッズは動物と触れ合い、遊具でも遊べるそんなスポットです。

普段はとても静かな安城七夕神社ですが

七夕の伝説とおり年に1度(3日間)だけ活気のある神社に変ります。

商売繁盛や開運、縁結びにご利益があるそうなので

そのパワーをいただきに出かけてみて下さい。