歌詞

AIアルデバラン歌詞意味解釈!作詞作曲は誰?

NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の主題歌に、AIさんの「アルデバラン」が決まりました。

「カムカムエヴリバディ」は岡山、大阪、京都を主な舞台に、ラジオ英語講座とともに歩んだ親子3世代を描く物語です。上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんの3人がヒロインを務めます。

3人がヒロインなんてドラマも楽しそうですね。

主題歌の「アルデバラン」はどんな意味を持つ歌なのでしょうか?

作詞作曲は誰?

AIアルデバラン歌詞意味解釈!

出典:Wikipedia

AIさんは「アルデバラン」について「いろんなことが起きてるこの時代に頑張ってる人に伝えたい1曲です」と答えています。

まずは、タイトルの「アルデバラン」とは?

おうし座α(アルファ)星は、おうし座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。

北半球の空に輝く冬のダイヤモンドを知っていますか?

  • おおいぬ座α星シリウス
  • こいぬ座α星プロキオン
  • ふたご座β星ポルックス
  • ぎょしゃ座α星カペラ
  • おうし座α星アルデバラン
  • オリオン座β星リゲル

アルデバランは、冬のダイヤモンドを作る星の一つです。

星の名前が曲のタイトルになるのってブームなのでしょうか?優里さんのペテルギウスという曲も話題です。こちらもドラマ『SUPER RICH』のテーマソングになっています。

アルデバランはピアノがきれいな曲ですね。

壮大でまさに星空を連想させ、アレンジはゴスペルに通じ、深くて広い愛情を感じます。

恋愛感情とかではない大切な人の幸せを願っています。

生きていくのは大変だけど、応援しているよ。

祈っているよ。

そんな思いを感じます。

テーマソングとなったカムカムエブリバディ

るいの結婚相手は?

 

AIアルデバラン作詞作曲は誰?

「アルデバラン」の作詞作曲は、森山直太朗さんです。

編曲は、斎藤ネコさん。

AIさんの「アルデバラン」も素敵ですが、森山直太朗さんが歌うのも聞いてみたいですよね。

曲を聞いただけで、森山直太朗さんの歌声が聞こえてきそうです。

”笑って、笑って”という歌詞には、相手に対して笑ってというだけでなく、一緒に乗り越えていこうよ。という意味が込められているとAIさんは感じたそうです。

森山直太朗さんもそんな思いを込めて作ったのでしょうね。

CD発売については、まだ発表はありません。

配信リリースは、11月1日です。

AIアルデバラン歌詞意味解釈!作詞作曲は誰?まとめ

「アルデバラン」は、深い愛情をもって、一緒に頑張ろうね。と応援する曲でした。

冬のダイヤモンドの一つであるということで、冷たい夜空を見上げながらも、見守ってもらっている安心感を感じることができます。

作詞作曲は森山直太朗さん。

いつか、森山直太朗さんが歌う「アルデバラン」も聞かせてください!